母親

おはようございます。

今日は、母の容態があまり良くはなく、主治医に電話。

早く言うと

入院したがいい。

と。

ただの入院ではなく

ホスピス

へ。

前々からホスピスの検討はしていました。

でも、こんな早くとは

気持ちがついていかないのが正直な話です。

でも、

ホスピス=死

ではないので、気持ちを入れ替えて支えていけたらと思っています。

母が癌になったのは、40歳の時

何度となく手術し、耳も摘出し、何度となく再発を繰り返しました。

癌との付き合いは

26年

どれだけの期間悩んでは落ち込み、苦しんだことでしょう。

私では計り知れないほどだと思います。

現状では、母の耳があった箇所は癌が再発し、穴があき、頭蓋骨が見えています。

ねっ!想像を超えてるでしょ?

でも、母は弱音も吐かないし、反対に私や主人、子ども達の心配をしています。

母は強し!!

という言葉は、私の母にあるのでは!?と思えるほど。

お母さん、私もあなたのような強さと優しさがほしいです。

そんな母に向日葵を^^

最新情報をチェックしよう!